HOME > 正社員のメリット

正社員は終身雇用で守られている

正社員は一般的に雇用期間を定めない雇用になりますので、雇用期間内に倒産が無ければ定年退職まで働くことができます。このことを終身雇用といって日本の雇用慣行で特徴的なところです。終身雇用がある程度約束されている代わりに、出向や転勤を断ることが基本的にできないようになっています。そのため、全国規模の会社であれば単身赴任という形で転勤を繰り返すことがあります。
正社員は終身雇用制度に守られていますので、雇用主が解雇を簡単にできるわけではないです。業績が悪くなったということであれば真っ先に切られるのが非正規社員になります。非正規社員は労働供給量の調整のために雇用されたり契約が切られたりする傾向にあります。正社員で雇用の調節をすることが難しいために、非正規社員をうまい具合に活用することにより労働供給量を保っています。

このページの先頭へ

正社員の良さを実感

正社員の時は飲み会にも参加しないといけないし、自分の好きな仕事ができるわけではないし、雑用などもやらないといけないということで特に若手社員の時は我慢することが多いです。そのため会社を辞めようと思うのですが、そこで辞めずに同じ会社に働き続けることにより収入が増えたり、仕事が楽しくなるなどだんだん報われていきます。
日本では従来から年功序列制度というのがあります。年功序列制度というのは勤続年数に応じて段々と役職や給与が上がっていくというような制度です。いわば年功序列制度があるから終身雇用制度が機能するということが言えます。

正社員の良さを実感するのは正社員から自営業になったり、非正規社員になった時ではないでしょうか。自営業や非正規社員になった場合に正社員って実は恵まれているんだなという風に実感することになります。正社員は世間的に会社に守られているんだなとか、自分は優秀だと思っていたけど実は会社によって支えられていたんだなということが分かります。特に自分の名前で仕事をしようとする時やローン申し込みの時に実感します。

このページの先頭へ

HOME > 正社員のメリット