HOME > 正社員のメリット > 安定している

社会保険に加入することができる

正社員のメリットの一つとして社会保険に加入することができます。実際のところ従業員は社会保険料として厚生年金や健康保険、雇用保険などの費用の支払いを月々行っていますが、企業では従業員の社会保険料を半分支払う必要がありますので、従業員としては半額支払うだけで大きな保障につながっていきます。
非正規社員でも条件によっては社会保険に入ることができますが、期間の定めがありますので契約が終了したら今まで加入していた社会保険から抜ける必要が出てきます。

社会保険の中で一番大きいのが年金ではないでしょうか。正社員で企業に勤めていれば厚生年金に加入することができ、国民年金に比べると老後にもらえる額が圧倒的に違ってきます。
自営業者の場合は社会保険料は自己負担で支払う必要があります。自営業者の場合は国民年金をまじめに40年間支払い続けたとしても、1年間で最大約80万円弱しか受け取ることができないです。国民年金基金にも加入することでもらえる額は多少増えるでしょうが、それでも厚生年金に比べると全然違ってきます。

このページの先頭へ

生活の基盤が築きやすい

正社員のメリットとして一番大きいのが、生活が安定することではないでしょうか。生活の安定というのは従業員にとっては気持ちの余裕につながっていきます。生活が安定することによって自分の生活の基盤が築きやすいです。生活の基盤ができていくと相手がいれば結婚しようかという気持ちにもなります。
非正規社員であれば期間があらかじめ決まっていたりしますので、契約が更新されるかどうかを待たないといけません。その非正規社員の能力や企業の動向などによって契約が更新されないということもあります。契約の更新が続くことができたら、結果的に長期的に働くことができるわけです。そういう意味では、非正規社員が生活が安定しているかと言えばそうではないです。正社員に比べると非正規社員のほうがいつ生活の基盤が失われるかわからない状況に置かれているわけです。

正社員の仕事なら
アルバイトタイムスの情報サイトをチェック

このページの先頭へ

HOME > 正社員のメリット > 安定している