HOME > 正社員以外の雇用形態

非正規社員とは

非正規社員の定義というのも法律で明確に規定されているわけではありませんが、一般的には正社員以外で働く人たちのことを言います。具体的には契約社員や派遣社員のように期間を定めた雇用契約を結んでいる人や、パートやアルバイトのように短い時間で働く人のことを言います。
社会保険については一定の条件を満たせば社会保険に加入することになります。ただし、派遣社員であれば派遣会社の社会保険に加入します。
就業時間についてはそれぞれの契約により決定します。契約社員や派遣社員であれば正社員と同じという場合も多いですが、正社員よりも短いということもあります。

このページの先頭へ

正社員と派遣社員との違い

派遣社員というのは派遣会社を通して仕事を紹介してもらい、派遣先企業で仕事を行います。派遣社員と派遣先企業の間に派遣会社が入ることになります。派遣社員と雇用関係があるのは派遣会社になるので、派遣会社の社会保険に加入しますし、有給休暇なども派遣会社より与えられます。
正社員は自分の仕事や勤務先を選ぶことができないのに対して、派遣社員であれば自分のやりたい仕事や勤務先を選ぶことができます。派遣先企業が更新を希望していてもそこで働きたくないということであれば、契約を更新せずに別の就業先に移ることも容易にできます。派遣社員は1つの就業先で長く働くというよりは、就業先を転々としながらキャリアを築くような働き方をします。

このページの先頭へ

正社員と契約社員との違い

契約社員というのは企業と直接雇用契約を結びます。その時に契約期間の有無や就業場所、就業内容などが契約書に明記されることになるので、いきなり正社員のように就業場所や就業内容が変わるということは想定されていないです。契約期間中の雇用は保障されますが、期間満了時に契約が更新されなければ雇用関係は終了します。
正社員と契約社員の違いは大きく分けて契約期間の有無と給与面になります。正社員は期間の定めがないのに対して、契約社員は契約期間が有限です。正社員は昇給があって、ボーナスの支給があって、退職金が支払われることが多いのに対して、契約社員はボーナスや退職金が支払われるのは少なく、支払われたとしても少額にとどまります。昇給については契約更新時に考慮されることがあります。

このページの先頭へ

HOME > 正社員以外の雇用形態