HOME > 正社員以外の雇用形態 > 正社員になるためには

中途採用で正社員になる

正社員を大量募集する際には新卒採用で取るのが一般的です。最近では新卒採用だけでなく中途採用でも正社員を募集するケースが見られます。中途採用の場合は、新卒採用と違って職務経験があるわけですから、社会人の実績に重きが置かれます。社会人の実績を履歴書や職務経歴書などの書類で表し、面接時でそれをアピールする必要があります。
新卒採用と中途採用とでは採用する企業の考え方が全然違ってきますので、中途採用に臨むときに新卒採用と同じように対策すればいいと思っていると痛い目にあいます。新卒採用は学生時代の取り組みからポテンシャルを読み取って評価するわけですが、中途採用は社会人の実績について評価していきます。中途採用の場合は正社員から正社員への採用が多いですが、非正規社員から正社員になるというケースもあり得ます。

このページの先頭へ

正社員登用で正社員になる

最初はアルバイトや契約社員として働いていたわけですが、この会社の仕事をやりたいという場合にはアルバイトや契約社員のまま続けるか、正社員を目指すかを考える必要が出てきます。正社員になりたいと思った時に正社員登用への道はあるのかどうかを確認しておきたいところです。
どういう人かわからない人を採用するよりは、非正規社員であっても働きぶりが分かっているわけですから、それほど採用のコストをかけずに正社員にするかどうかを決めることができます。正社員登用される人というのは会社の正社員から推薦されるような人でないとなかなか難しいという側面はあります。

このページの先頭へ

紹介予定派遣で正社員になる

現在派遣社員であれば紹介予定派遣で正社員になるという道もあります。紹介予定派遣とは派遣先企業の正社員として紹介されることを前提として、一定期間派遣社員として派遣先企業に就業します。派遣社員として働いている期間は試用期間になります。派遣期間中に派遣社員と派遣先企業の双方が望めば正社員として雇用されます。
紹介予定派遣の良さというのは派遣社員としてはその会社のことを把握してから入社することができますし、派遣先企業としては派遣社員がどういう人かというのが分かります。派遣期間中で相互把握ができるというのがメリットになります。

このページの先頭へ

HOME > 正社員以外の雇用形態 > 正社員になるためには